2014年10月28日

ベイ君@復帰戦

骨折での長期休養からようやく戻ってきたベイ君。
普通に走れれば、軽〜〜く勝ってくれるだろうと信じて、その姿を待ちわびました。

s-IMGP4537.jpg

ベイ君、お帰り〜〜。
ベイ君を曳いているのが、休養前と変わらず鈴木助手さんだったのが嬉しかったです。

s-IMGP4542.jpg

大幅な馬体重増でしたが、それほど太くは見えませんでした。
ダートだから、これくらいの馬格があってもいいのかも…と思っていました。

s-IMGP4545.jpg

s-IMGP4553.jpg

s-IMGP4597.jpg

「とま〜れ〜」では狙っていた通り、真正面に止まってくれたベイ君。
無事に走って来るんだよ。
でも、口取りに当たっていたので、正直な気持ちとしては、心はウイナ。

s-IMGP4605.jpg

s-IMGP4616.jpg

s-IMGP4607.jpg

s-IMGP4626.jpg

ベイ君、またもや出遅れてしまいました。
しかもベリー騎手が体勢を立て直すのに手間取り、なかなかリズムに乗れませんでした。
この日は前残りのレースが多かったので、出遅れが響きました。
直線で追い上げたものの前は止まらず、8着での入線。
競馬は甘くないですね。

実は、目の前で返し馬を見て、「あれ?」と思ったのです。
今までと違って、重く感じたのです。
太くは見えなかったけれど、やはり+22kgが響いていたのでは?
それでも、上がりは今までで一番いい時計でした。
あの位置から、よく頑張りました。

この後は、放牧に出そうですね。
次はきっとやってくれるでしょう。
そう信じて、次のレースを心待ちにしています。
posted by ステラ at 23:46| Comment(2) | シャークベイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

ラッシュ君@メイクデビュー

ラッシュ君のデビュー戦の応援に行ってきました。

パドックに登場したラッシュ君は、幼さを残した顔つき。
いや〜、かわいい!!

s-IMGP4370.jpg

s-IMGP4375.jpg

s-IMGP4393.jpg

思っていたよりずっといい馬体でした。
これならひょっとして…と色気を出してしまうほど。

s-IMGP4483.jpg

踏み込みは力強く、トモの筋肉も素晴らしく、贔屓目でしょうが、際立って良く見えました。

s-IMGP4474.jpg

s-IMGP4452.jpg

「とま〜れ〜」では、先に泣いたお馬さんに応えて鳴いていました。
一番鳴いていました。
でも、ラッシュ君に応えてくれるお馬さんはいませんでした(笑)

s-IMGP4512.jpg

返し馬も良かったです。
軽やかなその姿を観て、益々期待が膨らみました。

s-IMGP4519.jpg

s-IMGP4522.jpg

なのに、なんですか、あの鞍上は。
内に入れたため前が開かず、あっちへこっちへ。
挙句、強引に外に出して、審議対象。
デビュー戦であんな酷い競馬をさせられたラッシュ君がかわいそうでした。
でも、最後までしっかり走ったラッシュ君。
その根性を確認できたし、能力があることもわかりました。
あの走りから、将来に大きな希望が持てました。
ダメージが小さいことを祈るばかりです。

騎手批判はあまりしたくないですが、馬のせいにした騎手コメントは腹立たしかったです。
もう彼には乗って欲しくない。
出資者の皆さんの多くがそう思われたのではないでしょうか。
posted by ステラ at 23:14| Comment(6) | ラッシュアタック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

エイシンヒカリ@アイルランドT

無傷の4連勝ということで、ダントツの一番人気だったエイシンヒカリ。
パドックでは結構入れ込んでいたので、大丈夫かなぁ?と思っていました。
返し馬では、他の出走馬が待機所に向って行った後、右ラチ沿いを疾走して行きました。
私は馬友さんと一緒にラチ沿いにいたので、その迫力に驚き、「これはモノが違うかも」と話していました。

レースは皆様ご存知の通り、1000mを58秒で通過。
後続を突き放して走るその姿に、思わず

「サイレンススズカみたい…」

と言ってしまいました。

直線に入ってからはカメラでファタ君を追っていたのですが、
なにやら普段と違う気配にカメラを下ろすと、目の前を疾走していく大きな馬体。


え???なんで?



ここは府中です。
新潟の直線競馬ではありません。
なんで目の前を通り過ぎるお馬さんがいる???

ターフビジョンで確認しました。
前代未聞です。
あれで勝っていたとは。

2000mの待機所の方に行ってしまったエイシンヒカリは、他の出走馬が2角の方まで行き、ダートコースに入って帰って来るのを、ずっと待っていました。
その光景は、特別なものでした。
例えば天覧レースでの、心に残る名シーンのように。

s-IMGP4316.jpg

s-IMGP4317.jpg

もしかしたら、伝説のレースに居合わせちゃったのかも。
posted by ステラ at 22:37| Comment(0) | 馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

ファタ君@アイルランドT

長期休養していたファタモルガーナ君の復帰戦の応援に行ってきました。
どんな様子で登場するか心配していたのですが、杞憂に終わりました。

s-IMGP4176.jpg

ファタ君、お帰りなさい!

s-IMGP4253.jpg

尻尾についていた荒川厩舎カラーのボンボンがかわいかったです。

s-IMGP4254.jpg

s-IMGP4250.jpg

ファタ君は時々チャカつきこともありましたが、それは許容範囲のもので、いい感じで周回を重ねていました。

s-IMGP4269.jpg

s-IMGP4286ピー.jpg

何を話されていたのでしょうか?とてもにこやかでした。

s-IMGP4297.jpg

長い休養明け。
まずは無事に、と願って返し馬を見送りました。

s-IMGP4313.jpg

ゲートは伸び上がりそうになったり、潜りそうになったりでハラハラしましたが、なんとか我慢してスタートを切りました。
最後尾から直線に向くといい脚で追い上げましたが、ハナ差の4着。
心配だった復帰戦でしたが、よく頑張りました。

s-IMGP4323.jpg

次はステイヤーズステークスでしょうか。
レース後のダメージが大きくないことを願っています。
posted by ステラ at 22:44| Comment(5) | 馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

キャットコイン@新馬勝ち

2014/10/11の東京・新馬を勝ったキャットコインです。

s-IMGP3929ー.jpg

6番人気だったんですね。
それにしては、いい脚でした。

s-IMGP3979.jpg

ウイナでは、厩務員さんが、それはそれは愛おしそうに接していたのが印象的でした。

s-IMGP3987.jpg

キャットコイン。
馬名の由来は“猫が描かれた 金貨”だそうです。

父:ステイゴールド
母:ストレイキャット

なるほど。
知れば、いい馬名ですね。
posted by ステラ at 22:14| Comment(0) | 馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

ニシノミチシルベ@山中湖特別

山中湖特別に出走したニシノミチシルベ嬢です。

s-IMGP4014.jpg

s-IMGP4016.jpg

また直接対決することがあるかもですね。
posted by ステラ at 23:10| Comment(2) | 馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

マリア@山中湖特別

山中湖特別に出走したマリアの応援に行ってきました。

パドックに登場したマリアは、いつものようにキビキビと歩いていました。
s-IMGP4003.jpg

s-IMGP4069.jpg

馬体重も+14kgで、いい感じ。
時々チャカチャカしていましたが、それでもとても良く見えて、思わずニヤニヤしてしまいました。

s-IMGP4011.jpg

s-IMGP4065.jpg

s-IMGP4097.jpg

返し馬は軽やかでした。
気負いなく、す〜〜っと私の前を通り過ぎていきました。

s-IMGP4142.jpg

前を楽に行かせ過ぎましたね。
いい脚を使ってくれたけれど、あと少し届きませんでした。

s-IMGP4162.jpg

やはり距離はもう少しあったほうがいいと思います。
でも牝馬だから、なかなかレース選択が難しいですね。
posted by ステラ at 15:53| Comment(2) | マリアライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

凱旋門賞

凱旋門賞が近づくと、ローレルを思い出します。
ローレルは凱旋門賞に挑戦するために、海を渡りました。
でも、その鞍上は、横山典騎手ではなく、武豊騎手でした。
典騎手はずっとローレルの主戦騎手だったのに「凱旋門賞は海外経験豊富な騎手で」という理由で降ろされてしまいました。
あの時、典騎手は相当荒れた、と何処かで読んだ記憶があります。

あれから17年。

ローレルで果たせなかった大きな夢を、どうか叶えられますように。
ローレル・ファンも応援しています。
posted by ステラ at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする