2017年01月10日

最優秀4歳以上牝馬

有馬記念が終わった時、悔しさで一杯でした。
でも今はその気持ちはなく、マリアが最後のレースを無事に終えてくれてたことへの感謝の気持ちだけ。

厩舎スタッフの方々に大事に大事にされてきたマリア。
それはパドックの様子から、レース後の様子から、いつもいつも伝わってきていました。
でも繁殖に上がってしまったら、これまで接してこられた方々も、なかなかマリアに会うことは出来なくなることでしょう。
マリアが北海道に旅立つその日を、どんなお気持ちで迎えらたのでしょうか?

感謝の気持ち。
切ない気持ち。
やるせない気持ち。

またいつか、彼らがマリアの子供を手がける日が訪れますように。
そしてまた、私たちにもその様子を観ることが出来る日が訪れますように。。。。
待つことには慣れています。
それも“競馬”だから。

そのマリアライト。
2016年度の「最優秀4歳以上牝馬」の栄誉に輝きました。
おめでとう、マリア。
posted by ステラ at 22:34| Comment(2) | マリアライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絶対マリアだと思っていました
嬉しいですね
誇らしく思います
久保田調教師
池内調教助手
井坂調教助手さんがマリアを大切に育ててくれたからこそ
私達以上の喜びだったでしょうね
子どもが産まれるのが楽しみでなりません
私達も幸せですね
Posted by stay at 2017年01月11日 21:16
念願の年度代表馬にはなれませんでしたが、
それでも凄いことです。
マリアの子供に出資するには熾烈な戦いが待っていそうですが、
なんとか権利を勝ち取りたいですね。
まずはマリアがしばらくゆっくり過ごせますように。
Posted by ステラ at 2017年01月12日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。