2016年02月14日

500万下@ペトル

エクストラペトルちゃんの応援に行ってきました。

久しぶりに見ることが出来たペトルちゃん。
雰囲気が。。。違う。。。

s-IMGP0235ー.jpg

s-IMGP0242.jpg

s-IMGP0245.jpg

歩様が良くないんです。
左足の踏み込みが弱い。
おまけに、今まで見たことがないステップを踏んでいて。。。

s-IMGP0272.jpg

s-IMGP0313.jpg

冬毛もあり、発汗もありました。
今日は厳しいな。
それがパドックのペトルちゃんを見ていての正直な感想でした。

s-IMGP0327.jpg

返し馬は力んで走っているように見えました。
調教後の加藤調教師のコメントが弱気だったので、心配していたのですが、レース後の騎手コメントは、やはり入れ込みがきつかったと。
今日は終始リラックスできていなかったようですね。

s-IMGP0349.jpg

距離はもう少しあったほうがいいのかもしれませんね。
次に期待しましょう!
posted by ステラ at 23:38| Comment(2) | エクストラペトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

エリ女優勝記念祝賀会

女王マリアライト様のエリザベス女王杯優勝記念祝賀会に行ってきました。

2016012401のコピー.jpg

会場は、クラブの関東でのパーティ会場である、ザ・プリンスパークタワー東京。

受付を済ませ、会場へ向う途中の金屏風前には、クラブのパーティ同様、恐れ多き方々が勢揃い。
緊張しながらそこを通り抜けて会場に入ると、壇上の脇に、エリザベス女王杯優勝時のレイ・馬着・ゼッケンが飾られていました。

2016012403のコピー.jpg

2016012404のコピー.jpg

2016012402のコピー.jpg

馬友さんと、壇上&出入り口近くのテーブルを確保して、その開始を待ちました。
会場が暗くなり、流れ始めた映像は、エリザベス女王杯優勝までのマリアの軌跡。
見ていてジーンとしてしまいました。

そうして始まった祝賀会。
まずは手嶋会長のご挨拶から。
その時、まだ久保田先生はいらっしゃっていませんでした。
会員代表様の乾杯発声後、足早に会場に現れた先生は、私たちがいたテーブルに歩み寄り、「駆けつけ一杯!」とおっしゃりながらグラスを手にされたので、ワタクシ、すかさずビールを注がさせていただきました。
美味しそうにビールを一気に喉に流し込み、登壇された久保田先生。
はい、先生のお酒好きはよく存じ上げております。

壇上の久保田先生、蛯名騎手、吉田勝己さんへのインタビューの後は、お食事&歓談タイム。
久保田先生をはじめ、
いつもマリアをお世話してくださっている助手さん、
いつもマリアの調教を担当してくださっている調教助手さん、
主戦騎手である蛯名さん、
早来牧場の中尾さん、
手嶋会長さん、
高橋社長さん、
その他、競馬ファンなら一度はお話させていただきたい方々から、貴重なお話(裏話)を聞かせていただきました。

マリアは日経賞で復帰予定ですが、その後は春・天か、宝塚か。
複数の方たちのお話を総合すると、宝塚なのかな?と思ってしまいました。
でも、私としては、春・天でのマリアを見たいです。
「距離は伸びれば伸びるほどいい」
その言葉に共感できるから。

楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいますね。
またこんな時間を過ごすことが出来たら。。。
一口冥利に尽きます。

マリアライトにとって、競走生活最後の年となるこの一年。
どうか、マリアが無事に過ごせますように。
そして、マリアがずっと輝き続けることが出来ますように。
posted by ステラ at 23:50| Comment(6) | マリアライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

マイティーゴールド

マイティーゴールド君のメイクデビューでの様子です。
尾関先生自ら手綱を取っていらっしゃいました。

IMGP9757のコピー.jpg

IMGP9765のコピー.jpg

IMGP9771のコピー.jpg

実はワタクシ、彼に出資したいと思っていました。
でも、途中経過を見て、諦めました。

IMGP9801のコピー.jpg

IMGP9808のコピー.jpg

強かったですね。
相当な器だと思います。
母馬優先権、いいな〜。
posted by ステラ at 23:13| Comment(0) | お友達の愛馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

新馬戦@ユキノアプローズ

先週、除外になってくれたおかげで、ユキノアプローズちゃんの新馬戦を観ることが出来ました。
アプローズちゃん、かなりの美少女です。

IMGP9858のコピー.jpg

IMGP9828のコピー.jpg

IMGP9836のコピー.jpg

なかなかの歩様でした。
柔らかさを感じました。

IMGP9847のコピー.jpg

有馬記念の日で観客が多いのに、物怖じせず、時に周りを見ながら周回を重ねるその姿に、頼もしさを覚えました。

IMGP9849のコピー.jpg

いい走りでした。
牡馬相手に差のない4着は立派。
あれならすぐに勝ちあがれるでしょう。
次走が楽しみです。
勝ったら、目指せ桜花賞!ですね♪
posted by ステラ at 22:32| Comment(2) | お友達の愛馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

第60回有馬記念

有馬記念に出走したマリアライトの応援に行ってきました。
中山競馬場でお世話になっている方のおかげで、パドックの最前列を確保することが出来ました。
ありがとうございまいした。

エリザベス女王杯を勝ったのに、あらゆるスポーツ新聞で低評価だったマリア。
大外になってからは、それがより顕著に。
私はそれを笑っていました。
競馬記者なのに、わかっていないなぁ〜”と。

マリアのデビュー戦を見ていないの?
マリアの潮来特別を見ていないの?
マリアのオールカマーを見ていないの?
マリアが中山が得意な牝馬だってことが、わからないの?
どこを見ているの?

マリアはきっとやってくれる。
そう信じていました。

パドックに登場したマリアの雰囲気は全走以上。
これはいける!
そう思いました。

IMGP9910のコピー.jpg

IMGP9932のコピー.jpg

外めをキビキビと歩く、いつもと変わらないその姿。
前を歩く馬に近付きすぎるのを防ぐために、くるりと1周させて間隔を開ける助手さん。
助手さんの紫のコーディネイトは、ゼッケンの色に合わせたもの?

IMGP9950のコピー.jpg

この大舞台でも変わらないって、とんでもなく凄いこと。

IMGP0031のコピー.jpg

「とま〜れ〜」では、思い描いていた通り、私の真正面。

IMGP0056のコピー.jpg

IMGP0088のコピー.jpg

マリア、頑張って。
そう願わずにはいられませんでした。

直線を向いた時、勝てるかも!
そう思いました。
でも残念ながら少しの差で、先頭でゴール板を駆け抜けることが出来ませんでした。

蛯名騎手はマリアを上手くエスコートしてくれました。
ただひとつ。
ゴールドシップと一緒にあがっていかなければ。。。。

IMGP0113のコピー.jpg

IMGP0123のコピー.jpg

でも、低評価をくつがえしての、立派な4着。
これでマリアの実力が知れ渡ってしまいましたね。

マリア、お疲れ様!

ヴィクトリーロードでそう声をかけました。
それに気付いてくださった担当助手さんが会釈してくださいました。

負けてしまったけれど、いいレースでした。
マリアライトはよく頑張ってくれました。
これでしばらく休養です。
復帰戦はどのレースでしょうか?
2016年のマリアが楽しみでなりません。

IMGP9785.jpg

これ、着せてあげたかったな。
posted by ステラ at 23:14| Comment(4) | マリアライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

ニッポンイチ

馬友さんから、その出走を教えてもらいました。
ニッポンイチ君です。
お母さんはアクトウエル。ローレルの娘です。
アクトウエルさん、元気かな?

IMGP9610のコピー.jpg

IMGP9615のコピー.jpg

IMGP9617のコピー.jpg

ニッポンイチ君、どうか勝ちあがれますように。
posted by ステラ at 22:29| Comment(0) | お友達の愛馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

3度目のステイヤーズステークス

ファタ君の応援に行ってきました。

3度目のステイヤーズステークス。
今度こそ!
そう願わずにはいられません。

IMGP9648のコピー.jpg

IMGP9683のコピー.jpg

IMGP9693のコピー.jpg

IMGP9698のコピー.jpg

IMGP9701のコピー.jpg

馬友さんは、悔しいというよりショックだったと思います。
あんな負け方を想像していなかったはずだから。
あの圧巻の返し馬を見たら、尚更だったでしょう。

IMGP9723のコピー.jpg

IMGP9750のコピー.jpg

久々の影響が出たせいでしょう、という陣営のコメント。
脚元の不安は払拭されていないようなので、レース後、問題ないことを願わずにはいられません。

また来年、府中で応援できますように。
そしてその時こそ、先頭でゴールを駆け抜けてくれますように。
posted by ステラ at 19:57| Comment(4) | お友達の愛馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

スマートオーディン

東スポ杯を観に行ってきました。
東スポ杯って、まだ20回目なんですね。

東スポって、女性が買うのは少々抵抗のある新聞紙ですが、私はずっと東スポです(笑)
今更他のスポーツ新聞は買えません。

さて、その東スポ杯。
最近では、出世レースのひとつですね。
一昨年勝ったのはイスラボニータ。
あのレースを見て、彼に惚れ込みました。

今年の勝ち馬は、スマートオーディン。
ダノンシャンティ産駒っていうのがいいですね。
武豊騎手が重賞を勝つと、競馬場が盛り上がります。

IMGP9575のコピー.jpg

いい脚でした。

IMGP9581のコピー.jpg

IMGP9583のコピー.jpg
posted by ステラ at 23:14| Comment(0) | 馬(画像入り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

エリザベス女王杯優勝

エリザベス女王杯に挑戦したマリアライトの応援に行ってきました。

s-IMGP9267.jpg

初夏のクラブのパーティで、エリザベス女王杯を目標に、マーメイドステークスで遠征の予行演習をするとおっしゃっていた久保田先生。
太め残りで臨んだオールカマーでまずまずのレースをし、迎えた大一番。

パドックに現れたマリアさんは、見たとたんに前走と違う!と思わせる抜群の気配でした。

IMGP9271のコピー.jpg

ピカピカ光る馬体で、終始、外め外めをキビキビと歩くマリアちゃん。
その姿はいつもと同じ。
それがどんなに凄いことなのか。

IMGP9352のコピー.jpg

今まで見てきた中で、一番の出来に見えました。
贔屓目でしょうが、出走馬の中で一番良くも見えました。
これは勝負になる!
そう確信しました。

IMGP9305のコピー.jpg

体質が弱く、その素質に身体が追いつかず、歯痒い思いをしていたあの頃。
エンジンにボディーが追いつき、その素質が開花し始め、充実の姿。

IMGP9364のコピー.jpg

淀に集まってくれたのは、ブルーメンブラットが優勝した時、応援に駆けつけてくれた古くからの馬友さんに加え、最近馬友さんになってくれた女神。
どんなに心強かったことか。

IMGP9377のコピー.jpg

京都競馬場に着いたとき、G1なのに、まだパドックに余裕がありました。
12番が止まるであろうと思えた一番近いところにシートを張ったのですが、なんとそのまん前に止まってくれました。

IMGP9458のコピー.jpg

IMGP9468のコピー.jpg

マリアの才能を信じ、ずっと乗り続けてくださっている蛯名さん。
どうか悔いのないレースを。

IMGP9492のコピー.jpg

枠順が発表されたとき、これはいい!と思いました。
包まれず不利なく行けるところだし、後入れなのもいいと思えたからです。

IMGP9544のコピー.jpg

もう言うことはありませんね。
馬場も味方し、マリアは最高のレースをしてくれました。

ゴール板まで、直線の長かったこと。
そして迎えた歓喜の瞬間。
よく凌いでくれました。

エリザベス女王杯。
女の子同士の戦いが好きな私にとっては、憧れのレースでした。
それを勝ってくれるなんて。。。

早朝から来てくださった親愛なる馬友さん。
お祝いメールをくださった馬友さん。
ありがとうございました。
そして、この感動を与えてくださった久保田先生をはじめ、スタッフの皆様に心から感謝を申し上げます。

祝勝会はいつ開催されるのでしょうか?
あのまた感動を味わえるかと思うと、今から楽しみでなりません。

マリアちゃん、頑張ってくれてありがとう。
タフな馬場で大変だったでしょう。
有馬記念には出なくていいです。
ゆっくり休んで、また元気な姿を見せてください。




あ〜〜〜、もう、京都、大好き!!
posted by ステラ at 00:08| Comment(8) | マリアライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

引退

嫌な感じのコメントが出ていたので、もしや…と思っていました。
ベイ君、残念ながら引退です。

アンズチャンに負けた、暑かった6月のデビュー戦。
心の底から悔しかったあの日を忘れることは出来ません。

初勝利を飾った次のレースで、再びアンズチャンと対戦するも、レース中に骨折していたようで、長期休養へ。

復帰したものの、また骨折。

ベイ君の競走生活は、痛みとの戦いでした。
それでもベイ君は頑張ってくれました。

いつもいつも追い込んで来たあの姿。
脚元が無事だったら、きっと立派な成績を残せたでしょう。

出資していらした皆さんは、「いつかまたアンズチャンと」と思っていらしたはず。
それはもう、叶わぬ夢となりました。

容姿端麗なシャークベイ。
願わくば乗馬となって、たくさんの方から愛されますように。

アンズチャンを見る度に、ベイ君を思うでしょう。
アンズチャン、どうか砂の女王になって、ずっと活躍してください。
心からそう願います。
posted by ステラ at 22:07| Comment(3) | シャークベイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする